おしらせ

2017-12-16 20:04:00

早いもので今年も、主の御降臨を待ち望む季節となりました。

今年もお世話になり、ありがとうございました。

皆様にとりまして2017年はどの様な一年でいらっしゃいましたでしょうか。

私事で大変恐縮でございますが、

今からちょうど20年前

「讃美歌をお伝えさせて頂きたい」

という強い願いが、心に与えられました。

私にとりまして今年は、その節目ともいえる一年でございました。

「あなた方の中に願いを起こさせ、かつ実現に至らせるのは、神である。」

という聖書のお言葉のとおり、不思議な事ですが神様は、この拙い私を励まし導いてくださり、

今日まで日本の各地で歌わせて頂く機会を与えてくださいました。

その一方、これまで歩んでまいりました人生にも沢山の出来事がありました。

大切な出会い、また別れも、経験致しました。

嬉しい事、悲しい事、また自分にとっては耐え難いと思われる苦しみもありました。

けれども、その歩みの一瞬一瞬は、確かにかけがえのないものであり、

なにひとつとして意味のないものではなかたのだと、心に固く信じております。

今日までを導いて下さいました神様に、

そして、至らない欠けた器の私を、祈り支え励まし続けてくださった多くの方々に

改めて感謝の気持ちで一杯でございます。

 

今年11月、この数々の思いを込めまして、

かねてから願っておりました賛美歌だけを収録した5枚目のCDを

リリースさせて頂くことが叶いました。

「讃美歌の中に、光である神様が、確かに生きておられる」

ことを、私自身の証として、CDタイトルを

「In The Light ~光の中~」

といたしました。

古い賛美歌や、新しい賛美歌、聖歌、子供の讃美歌の他、

あまり知られていない珍しいクリスマスキャロルなども含めて、

収録させて頂いた全てが、神様を讃える「賛歌」です。

私が作詞作曲いたしまし2曲も、この中に加えさせて頂いております。

ありがたいことに、このCD制作のため、

多くの方々がお心を注いでくださり、ご尽力くださいました。

拙い賛美ではございますが、

全国のキリスト教書店にて販売して頂いております。

もしも皆様のお耳に届きますならば、これほど嬉しく幸せなことはありません。

 

よき訪れのクリスマス、光の神様からの祝福と平安が豊かにございますように、

そしてまた、

来たる新しい年も皆様の上にご多幸をありますようにと、

心よりお祈り申し上げます。

 

感謝と共に・・・